UA-88666375-1

漢方内科

漢方内科

漢方内科とは、わかりやすく言えば、「漢方薬で治療する内科」です。
病気の症状に対して治療する「西洋医学」とは違い、漢方は病気の徴候に対して治癒力を高めることで対処することができます。いわゆる「未病」の状態で治療ができます。「検査では悪いところはないのだが身体がだるい。」、「病名がわからない。」、「原因がわからない。」などの場合にも対応できるのが漢方治療の特徴です。

当院では「中医学診断」に基づいた漢方治療を行っております。「中医学診断」は、「陰陽五行説」の考え方に、四診(望診、聞診、問診、切診)を合わせて診察し、これらで得た情報を総合して診断を行います。舌の状態を観察する「舌診」、脈を診る「脈診」、腹部や背中を観察・触診する「腹診・背候診」に重点をおいて診察致します。このように診察することによって、一人一人にあった漢方薬を処方いたします。
 
風邪等の急性期疾患をはじめ、アトピー性皮膚炎や気管支ぜんそくなどの慢性疾患、検査では異常は認めないが症状をお持ちの方、体質改善を希望される方など、小児から年配の方まで幅広く対応致します。

漢方初診問診票

初診の方は上記より問診票をダウンロードの上、記載していただき来院時受付にお渡しください。

漢方の適応例

【全身症状】

熱、ねあせ、冷え症、全身倦怠感、肥満症、浮腫(むくみ)など

【呼吸器疾患】

かぜ、気管支ぜんそく、慢性の咳・痰、のどの引っ掛かりなど

【循環器疾患】

高血圧、動悸、末梢循環不全、低血圧、起立性低血圧など

【消化器疾患】

口内炎・口角炎、急性・慢性胃炎、痔、腹痛など

【代謝疾患】

糖尿病、肥満(メタボリック症候群)など 

【腎泌尿疾患】

腎炎、尿結石、血尿、膀胱炎など

【疼痛性疾患】

頭痛、顔面神経痛、三叉神経痛、頚肩腕症候群(肩こり)など

【神経疾患】

不眠症、うつ病、自律神経失調症、チック、夜尿症、夜驚症、痴呆など

【皮膚科疾患】

アトピー性皮膚炎、にきび、じんましん、円形脱毛症など

【耳鼻科疾患】

中耳炎、めまい、耳鳴り、鼻炎(アレルギー性鼻炎、花粉症)など

【小児科疾患】

虚弱体質改善、アトピー性皮膚炎、 自律神経症状(夜泣き、夜尿症)、起立性低血圧、心身症など

【婦人科疾患】

月経異常、月経困難症、月経前症候群、冷え症、不妊、子宮筋腫、更年期障害など

 

こやまかわせみクリニック
本巣郡北方町高屋字林浦道北1561番1
診療時間:8:30~12:00 16:00~19:00
      ※日曜日のみ8:30~14:00
休診日:水曜日 土曜日
電話:058-201-7755